フローを確認してISO9001取得を検討しよう

ISO簡単取得

IT

会社の社会地位向上に繋がる取り組みを知る

PC操作

明確にメリットを想像する

周囲へ「私達の会社は品質の改善を心がけています」といったアピールをするために、ISO9001を取得する企業が多いです。コストと取得するメリットを同時に考え、取得後もスムーズな利用ができるようにしておく必要があります。

READ MORE
ネットワーク

当然費用がかかってくる

コンサルティング会社のサービスを活用したいのであれば、どれだけ費用がかかってくるのか検討しましょう。予算内に収めるためのコツもあるので確認しておいてください。会社によってプランやオプションとしているものが違ってきます。

READ MORE
大人気の文書管理ソフト情報☆多彩なコミュニケーション機能搭載!

段階を踏む

ネット

まずは確認しよう

企業にとって取得すると良いといわれているISO9001ではありますが、取得するとどんなメリットがあるか、どのようなフローで取得するのかをまず確認しましょう。
どれだけの期間がかかりそうなのか、目処をつけないと会社のスタッフの時間を有効活用できません。

担当部門を決めて会社全体に通達する

1段階
プロジェクトを推進していくチームを作り上げることが重要です。
他の業務と同時進行するにしても、専門的に遂行する部門があった方が情報伝達がしやすいといえます。取得の意志を固めるのは一部の管理者でも良いですが、チームで活動するのが理想的です。情報は事務局に集中させることになります。
チームを作るときのコツとしては、役職と年齢もバラバラにするということです。各部署の代表が集まるという形でも良いでしょう。ISO9001は品質マネジメントに関わるもので、品質管理責任者の責任は重くなるので、適切な人を選ぶと良いでしょう。

2段階
全社員で取り組まなければ、ISO9001の取得は達成することができないので、全員に分かる形で周知を行なう必要があります。共通の責務として認識することは案外難しく、社員同士コミュニケーションをとりながら内容を確認していかなければなりません。品質マネジメントの向上はこういった社員間のやり取りからすでに始まっているのです。

セミナーの開催と問題点の洗い出し

3段階
コンサルティング会社と一緒にISO9001を取得するなら、会社全体に周知した後は会社の代表とコンサルティング会社がヒアリングを行なうことになります。ISO取得の意志を確認し、コンサルティング会社がどこまで踏み込んでサポートを行なうのかを確認します。そしてプロジェクトチームに対してセミナーを開催するのです。チームはISO取得の意味から研修を受け、集中的なコンサルティングも受けることになります。会社全体の説明もコンサルティング会社が行なってくれることがあります。

4段階
研修を受けた後はチームかコンサルティング会社による問題点の洗い出しが行なわれます。ISOは決まった基準を要求してきますので、それを達成するための障害や不足があれば解消しなければなりません。冷静な分析が必要になるので、できればコンサルティング会社に任せるのが妥当です。

マニュアル書を作り内部監査をする

5段階
分析した後は品質マニュアルの基準を満たすためにはどうしたら良いのか、そのマニュアルに沿って活動していきます。このマニュアルづくりに意外と時間がかかってきますので、サポートを受けながら独自のマニュアルを作っていかなければなりません。そして社内で現在使っている書類を見直し、必要であれば品質チェックの整合性が保たれるように作り直すことになります。

6段階
実践をしながら規律を守って活動できているかを確かめていくことになりますが、このときマニュアルに無駄があればその都度修正していくことになります。そしてなにより大事なのが、社員全員の中でこの動きが守られているのかどうかです。内部監査をすることによってそれが確認できますので、内部監査のノウハウも適切なメンバーに研修しなければなりません。
6段階やることを列挙していきましたが、これでもまだ半分の段階です。道のりは長いですので、コンサルティング会社とともに一歩ずつ進んでいく必要があるでしょう。